ホーム > itSMF Japan > ITIL V3 インターミディエイト試験の日本語化について
 

ITIL®V3 インターミディエイト試験の日本語化について

平成22年4月21日
特定非営利活動法人itSMF Japan


 特定非営利活動法人itSMF Japanでは、ITIL® V3 のインターミディエイト試験の日本語化を英国APM Group Limited(APMG)と協議しつつ、現在も鋭意進めています。 APMGは今般、下記のように翻訳の計画変更をアナウンスしました。
http://www.itil-officialsite.com/News/PressOffice.asp

ここでの骨子は以下となります。
−2月にアナウンスした、2010年の提供計画(2モジュール)を、各国のフィードバックを考慮した上で、
 これを拡大し、日本語版試験については下記のケーパビリティ群の各モジュールとMALCまでを順次
 本年中に提供します。

  ・ITIL® V3 Intermediate: Service Offerings & Agreements
  「ITIL® V3インターミディエイト:サービス提供と合意」(2010年4月よりパイロット試験が開始されました)
  ・ITIL® V3 Intermediate: Release, Control & Validation
  ・ITIL® V3 Intermediate: Operational Support & Analysis
  ・ITIL® V3 Intermediate: Planning, Protection & Optimization
  ・ITIL® V3 Intermediate: Managing Across the Lifecycle
                                                            以上