ホーム > イベント > 第四回itSMF Japanコンファレンス

第四回itSMF Japanコンファレンス



第四回 itSMF japan コンファレンス 報道関係者の方 ENGLISH
トップ 開催概要
プログラム
1日目 2日目
セミナのご紹介 セミナ会場のご案内 来場のご案内 同時開催 itSMF Japan EXPO 2007
1日目
午前 基調講演など
スポンサ1 スポンサ2 スポンサ3 ユーザ事例 itSMF itSMF
2日目
午前 特別講演など
スポンサ1 スポンサ2 スポンサ3 ユーザ事例 itSMF itSMF
1-K2
9:40〜10:25
基調講演 : 東京証券取引所におけるシステム最適化計画について(個別最適から全体最適へ)
東京証券取引所では、システム最適化計画を導入し、市場ニーズ・経営戦略を実現するべく、継続的に全体最適の観点から、ITシステムの運営・構築を推進中です。東証における次世代システムの構築や開発・運用に関する品質向上活動、ITを活用した新たな事業展開を目指す体制の整備等について紹介します。
株式会社 東京証券取引所
常務取締役 CIO
鈴木 義伯氏
講演者紹介
1972年4月、日本電信電話公社入社、特に金融系大規模システムのプロジェクト責任者として企画・開発に長く従事。2001年6月NTTデータ取締役。2006年2月、東京証券取引所執行役員に就任。同年6月から現職。
1-K3
10:25〜11:10
特別講演 : サービス・イノベーション:サービス・マネジメントの視点から
経済の成熟化に伴い、一国の経済活動の大半を占めるサービス分野におけるイノベーションが、企業や国家の成長の原動力になるとの議論が活発化しています。日本国内のサービス産業は従来、生産性や競争力など後進性が指摘されてきましたが、本講演では、そうした既存業界こそが起業家精神を発揮する最高の土俵であることに着目します。中古書業のブックオフ、写真館業のスタジオアリス、アパレル業のゼイヴェル(東京ガールズコレクション)など、新しい顧客価値の創造に挑戦するサービス・イノベーション事例を通じてその発生機会を読み解き、事業実現におけるITの役割について議論します。
一橋大学大学院
国際企業戦略研究科 准教授
藤川 佳則氏
講演者紹介
一橋大学経済学部卒業。同大学院商学研究科修士。ハーバード・ビジネススクールにてMBA(経営学修士)、ペンシルバニア州立大学にてPh.D.(経営学博士)。ハーバード・ビジネススクール研究助手、ペンシルバニア州立大学講師、オルソン・ザルトマン・アソシエイツ(コンサルティング)、一橋大学大学院国際企業戦略研究科専任講師を経て現職。専門はマーケティング、サービス・マネジメント、消費者行動論。経済産業省「サービス・イノベーション研究会」委員、同省「集客交流サービス研究会」委員、など。
1-K4
11:15〜12:00
講演 : NRIが考えるIT全般統制対応の実践ポイント
J-SOX対応の一つの手段として考えられているIT全般統制。しかし、IT全般統制の真の目的は「IT価値の向上」です。IT全般統制で本当にIT価値の向上を実現できるのか?具体的の方法は?本セミナーでは、IT全般統制で実現するIT価値の向上を事例を元にご説明し、IT全般統制によるIT価値の向上を、実践的な手法でご紹介いたします。
株式会社野村総合研究所
千手・アウトソーシング営業部 / 部長
渡辺 浩之氏
講演者紹介
1989年 (株)野村総合研究所入社。主にサーバ系システムのシステム基盤を中心としたSIプロジェクトに従事。その後、オープン系システムにおける運用設計、運用基盤構築の重要性を痛感し、1994年に運用管理システム「千手」を企画、商品化。2000年より現職。専門領域はシステム運用基盤、システムマネジメント手法。
▲TOP
 (会員専用ページログイン後、講演資料ならび実施報告書をダウンロード可能
 ※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。