ホーム > イベント > itSMF Japan第74回セミナ
bar

itSMF Japan 第74回セミナ

特定非営利活動法人itSMF Japanでは2019年4月12日(金)、第74回セミナを東京で開催いたします。
今回は、日本でも書籍の販売、研修がはじまったITIL® 4のご紹介、それにあわせて、ITサービスマネジメントの新しい活用にむけての考察を含む講演をご用意いたしましたので、皆様、奮ってご参加ください。


■開催概要
 開催日2019年4月12日(金)
 時 間13:20〜16:45 受付開始 13:00〜
 会 場ソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)1階 Room C こちら
JR中央・総武線「御茶ノ水」駅聖橋口から徒歩1分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅B2出口直結
 定 員150名(申込先着順)
 参加費itSMF Japan会員 無料   一般 3,000円(受付にて現金支払い)
 主 催特定非営利活動法人 itSMF Japan


■プログラム
itSMF Japan 第74回セミナ
時間講演タイトル講演者/講演内容
13:20〜
13:30
ご挨拶 特定非営利活動法人 itSMF Japan理事長 富田 修二
13:30〜
14:30
サービス運用のデータ品質 日本アイ・ビー・エム株式会社 山下 克司氏
スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授はデジタルトランスフォーメーション(DX)は、デジタルとリアルが融合したサイバーフィジカルシステムに基づいて、ITシステムを前提にして社会や企業をコントロールする変革であると定義しました。ITシステムとインターネットの能力が拡大することで、日本の製造業はモノの生産からサービスへの転換が求められる時代になりました。このセッションでは、サービスの運用から発生するデータの品質を戦略に活かす新しい運用人材の姿を探ります。
14:30〜
15:30
ITIL® 4 の最新情報ご紹介 日本クイント株式会社 最上 千佳子氏
2019年2月末にITIL® 4がリリースされました。
DX(デジタル・トランスフォーメーション)時代に適応した最新のITIL® とはどのようなものなのでしょうか。
今回はその概要について紹介します。
〜内容〜
・ITIL® とは(復習)
・バージョンアップの背景
・ITIL® 4で何が変わったか
・ITIL® 4の主要な概念
・ITIL® 4資格体系
・今後のリリース予定
最初にITIL® についての復習を行い、これからITIL® を調査・学習される皆様にも理解しやすい内容を心がけます。
休憩 (15分)
15:45〜
16:45
デジタルトランスフォーメーションがもたらすサービス時代の課題 itSMF Japan理事 株式会社日立製作所 中村 輝雄
クラウドやIoTといったデジタルイノベーションの進化によって人々の生活や、企業の活動に変革が起こっています。
本セッションでは日立の事例に加え、デジタルトランスフォーメーションを成長につなげているお客様の事例をご紹介します。
また、そうした事例を支える新しいテクノロジ、System of Systemsを解説するとともに、新たに発生している運用上の課題についてご紹介します。
※講演者、講演内容等変更になることがございます。予めご了承ください。

  ありがとうございます。
  定員のためお申し込み受付を終了いたします。


■プライバシーポリシー