ホーム > イベント > itSMF Japan 第19回セミナ
 

itSMF Japan 第19回セミナ


2009年2月17日(火)に第19回セミナを大阪駅前第3ビル(17F 1号室)にて開催いたしました。
第19回セミナは関西地区、大阪にて「ITサービスマネジメントと規格の関係」についてご紹介いたしました。
また、ITIL® V3の資格とISO/IEC20000の資格についての最新情報、ユーザ事例講演「ISO/IEC20000取得に関わる事例のご紹介」を講演いたしました。参加者へのアンケートでは「ISO/IEC20000とITIL®の関係がよくわかった」「具体的な事例をもとにわかりやすかった」等、高い評価を頂きました。
itSMF Japan 第19回セミナ
◇日 時:2009年2月17日 13:30〜16:50
◇場 所:大阪駅前第3ビル(17F 1号室)
◇参加者:63名
itSMF Japan 第19回セミナ
13:30〜
13:45 
ご挨拶 itSMF Japan 理事
荒本 和彦 氏
13:45〜
14:55 
『ITサービスマネジメントと規格の関係』 日本ヒューレット・
パッカード株式会社
塩田 貞夫 氏
ISO/IEC20000はITサービスマネジメントに特化した国際標準規格です。一方、ITIL®はITサービスマネジメントのデファクトスタンダード(事実上の標準)として広く知られています。本セミナでは、ITIL®と規格の関係を中心に、現状と動向をご紹介いたします。
休憩 (15分)
15:10〜
15:30 
ITIL® V3資格アップデート並びにISO/IEC20000資格スキーム』 EXIN JAPAN
中川 悦子 氏
ITIL® V3の資格とISO/IEC20000の資格についての最新情報をご紹介します。
15:30〜
16:50
<ユーザ事例講演>
『ISO/IEC20000取得に関わる事例のご紹介』
三菱総研DCS株式会社
宗像 浩 氏
当社がISO/IEC20000取得に関して実際に行った活動を中心に、ご紹介いたします。
会員専用ページログイン後、講演資料ならび実施報告書をダウンロード可能
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。