ホーム > イベント > itSMF Japan 第32回セミナ(関西)
 

itSMF Japan 第32回セミナ(関西)


 10月24日に開催した第32回関西セミナは、多くの方のご参加を頂き盛大に開催されました。
第1セッションでは、教育コースとして、「ITサービスマネジメントの導入に向けて」と題して、ITサービスマネジメントの導入に向けて、業界の最新動向をまじえながら解説して頂きました。
第2セッションでは、ユーザー事例講演として、パナソニック電工インフォメーションシステムズ様に、「IDC部門におけるISO20000の取得と認証取得後のITSMSの定着に向けた活動」と題してISO20000認証取得活動において直面した様々の苦労とそれを克服して認証を取得するまでの活動。認証取得後、ITSMSの定着に向けた活動とその苦労の状況を講演して頂きました。
itSMF Japan 第32回セミナ
◇日 時:2011年10月24日(月) 開演14:30〜16:45
◇場 所:毎日インテシオ4F
◇参加者:59名
itSMF Japan 第32回セミナ(関西)
時間講演タイトル講演者講演内容
14:30〜
14:35
『ご挨拶』 itSMF Japan理事 一法師 淳氏
14:35〜
15:35
<教育関連>
『ITサービスマネジメントの導入に向けて』
itSMF Japan理事
塩田貞夫氏
ITサービスマネジメントの導入に向けて、業界の最新動向をまじえながら解説します。以下のトピックを予定しています。
・ITIL® 2011 Editionの概説
・ISO/IEC2000 2011年版の特徴
・ITIL®とソフトウェア資産管理
・ITIL® Lite
休憩 (10分)
15:45〜
16:45
<ユーザ事例講演>
『IDC部門におけるISO20000の取得と認証取得後のITSMSの定着に向けた活動』
パナソニック電工
インフォメーションシステムズ株式会社
サービスビジネス本部IDC運用センター
グループリーダー
加藤 仁 氏
当社がIDC部門においてなぜ、ITIL®をベースにしたITSMSの構築を始めたのか。その背景とISO20000認証取得活動において直面した様々な苦労とそれを克服して認証を取得するまでの活動。認証取得後、ITSMSの定着に向けた活動とその苦労の状況を講演します。
会員専用ページログイン後、実施報告書をダウンロード可能
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。