ホーム > イベント > itSMF Japan 第33回セミナ(関西)
 

itSMF Japan 第33回セミナ(関西)


 3月23日に開催しましたitSMF Japan第33回セミナ(関西)には、年度末の忙しい時期での開催となりましたが、31名のご参加をいただきました。
 第1セッションでは、ユーザ事例講演として、『クラウドサービス基盤を支えるITサービスマネジメントの成果と課題』− 最新活用事例と事業継続について−と題しまして、株式会社いい生活 兼 英樹様にご講演いただきました。
 第2セッションでは、ユーザ事例講演といたしまして、<第4回itSMF Japan会報誌 Contribution Award 最優秀賞講演>『ITIL®による価値創出を実現するには』と題しまして、日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング株式会社 杉谷 賢昭様にご講演いただきました。
 アンケートでは、「ビジネスの視点が明確。社内で浸透したのがよくわかる」「具体的な説明であり理解できた」などのご意見をいただきました。
itSMF Japan 第33回セミナ
◇日 時:2012年3月23日(金) 開演14:00〜16:20
◇場 所:毎日インテシオ4F(大会議室E)
◇参加者:31名
itSMF Japan 第33回セミナ(関西)
時間講演タイトル講演者講演内容
14:00〜
14:10
『ご挨拶』 itSMF Japan理事 一法師 淳氏
14:10〜
15:10
<ユーザ事例>
『クラウドサービス基盤を支えるITサービスマネジメントの成果と課題 - 最新活用事例と事業継続について -』
株式会社いい生活
CSO(チーフ・セキュリティ・オフィサ) ウェブ・ソリューション開発グループ
システム運用本部長
兼 英樹 氏
当社のミッションである「不動産物件情報の流通をITで促進し、不動産市場をより良いものへ」の実現に向け、クラウドサービスのシステム構築とサービス運用、経営戦略にITSMS(ITサービスマネジメントシステム)をどのように活用してきたか、また災害時対策をどのように進めたかを実践事例を用いてご紹介いたします。
休憩 (10分)
15:20〜
16:20
<第4回itSMF Japan会報誌 Contribution Award 最優秀賞講演>
『ITIL®による価値創出を実現するには』
日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング株式会社
コンサルティングITS
杉谷 賢昭 氏
ITIL®V3の大きな特長の一つに、「価値創出」に力点が置かれたことが挙げられます。ITサービス管理が顧客の価値創出に貢献するという考え方は、従来の定型的なシステム運用のあり方を打破し、ITサービスを大きく改善する契機になると考えます。当セッションでは、ITIL®のフレームワークを有効に利用して価値創出を実践する方法について私見をご紹介いたします。
会員専用ページログイン後、実施報告書をダウンロード可能
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。