ホーム > イベント > itSMF Japan 第49回セミナ
 

itSMF Japan 第49回セミナ


 itSMF Japan第49回セミナは、前回に引き続きソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)を会場とし、2015年9月11日(金)に開催いたしました。今回は、皆様の関心も高いマイナンバー制度に関する講演、セミナトピックを「サービスストラテジ」として、IIBAによる講演、itSMF Japan講演の2講演を実施いたしました。
IIBA講演では、BABOKをもとに要求分析フェーズでの考え方への解説、itSMF Japan講演では、講師の視点でのITサービスマネジメントの現状と課題の解説、ITサービスマネジメントの今後の着目点への解説をいただきました。
参加された皆様からは「興味深い話が多く参考になった」等の評価をいただきました。
itSMF Japan 第49回セミナ
◇日 時:2015年9月11日(金) 13:45〜16:50
◇場 所:ソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)RoomC
◇参加者:64名

■プログラム

itSMF Japan 第49回セミナ
時間講演タイトル講演者講演内容
13:45〜
13:50
ご挨拶 itSMF Japan
13:50〜
14:50
『マイナンバー制度の概要と企業に求められる対応 』 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
マイナンバー対応プロジェクト室 副室長
若泉 和彦氏
個人番号の通知開始まで3週間あまりとなった。多くの民間事業者においては既にマイナンバー制度への対応が進められているところである。しかしながら民間事業者に対する情報提供は必ずしも十分ではなく、民間事業者が誤解や独自の解釈により法令違反の取扱いをしてしまうリスクも懸念されている。本講演ではマイナンバー制度の概要を振り返るとともに、民間事業者に求められる対応について要点を説明する。
14:50〜
15:50
『BABOK V3で整理されたビジネス価値を生むための知識エリアとタスク』 産業技術大学院大学
情報アーキテクチャ専攻
教授
戸沢 義夫氏
2015年4月に改訂された BABOK®第3版で、ビジネスアナリシスは、新たなビジネス価値を生むためのチェンジに焦点を当てるようになった。 BABOKには6つの知識エリアが定義されているが、その中からチェンジに関係した3つの知識エリアについて説明する。それらは、戦略アナリシス(4つのタスク)、要求アナリシスとデザイン定義(6つのタスク)、ソリューション評価(5つのタスク)である。戦略とは何か、戦略とチェンジの関係などをわかりやすく解説する。
休憩 (10分)
16:00〜
16:50
itSMF Japan講演】
『ITサービスマネジメントの展望 』
itSMF Japan出版プロジェクト〉
日本アイ・ビー・エム・システムズ・エンジニアリング株式会社
ソフトウェアエバンジェリスト
岩村 郁雄氏
この講演では、モバイル、ソーシャル、ビッグデータ、クラウドなどの新しいプラットフォーム上で提供される新しいサービスを管理するために必要なITサービスマネジメントの変革について下記のトピックを説明する。

(1)2014年itSMF Japanによる「Tサービスマネジメント実態調査」に基づいた、ITIL®2011 editionの中で特に強化すべきプロセスの解説
(2)新しいサービスの特性に応じたプロセス改善の施策
(3)ITの各種課題に対してITIL®2011 editionの知見を利用した課題解決のアプローチ
会員専用ページログイン後、講演資料および実施報告書のダウンロードが可能です
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。