ホーム > イベント > itSMF Japan 第五回セミナ
 

itSMF Japan 第五回セミナ


関西地区でのITサービスマネジメントの普及を目的に、第五回セミナは大阪で開催することになりました。
今回は、塩野義製薬様による『ITアーキテクチャの変遷を乗り切る知見として辿り着いたITIL®』講演を始め、日本におけるITサービスマネジメントの動向、また『1時間でわかるITIL®入門』と題した教育研修を実施。
ITIL®初心者”の方でも参加しやすく、理解しやすいプログラムをご用意いたしました。
また、今回セション毎に質問を記入頂き、それを講師にお答えいただくやり方で質疑を行ないましたが、 資格試験やITIL®導入の効果やコストについての具体的な点など、時間内では全てお答えできないくらい多くのご質問をいただきました。
itSMF Japan 第五回セミナ
◇日 時:2005年10月28日 13:30〜16:20
◇場 所:大阪 梅田スカイビル スカイルームA
◇参加者:113名
itSMF Japan 第五回セミナ
13:30〜
13:40 
ご挨拶 itSMF Japan 理事長
富田 修二 氏
13:40〜
14:10 
『日本におけるITサービスマネジメントの動向』 itSMF Japan 理事
塩田 貞夫 氏
itSMF Japan設立から2年が経過いたしました。ITサービスマネジメントを普及促進しているitSMF Japanのこれまでの活動と、ITサービスマネジメントのデファクトスタンダードITIL®を取り巻く環境をご紹介します。
休憩 (10分)
14:20〜
15:20 
<ITサービスマネジメント教育研修>
『1時間でわかるITIL®入門』
NECラーニング株式会社
古賀 和子 氏
ITIL®の特徴、サービスサポート・サービスデリバリの各プロセスについて身近な例を交えながらご紹介します。
15:20〜
16:20 
『ITアーキテクチャの変遷を乗り切る知見として辿り着いたITIL®』塩野義製薬株式会社
多賀 健二 氏
システム運用のアウトソーシングや脱メインフレームへの対応など、暗中模索して構築した運用のフレームワーク。成熟度向上に向けた取り組みの多くが結果としてITIL®の適用度を上げることに通じていた。「ITIL®は決して新しい取り組みではない」を実感した事例をご紹介します。
会員専用ページログイン後、講演資料ならび実施報告書をダウンロード可能
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。