ホーム > イベント > itSMF Japan第62回セミナ
bar

itSMF Japan第62回セミナ


特定非営利活動法人itSMF Japanでは、2017年6月29日(木)itSMF Japan 第62回セミナを東京で開催いたしました。
今回のセミナでは、「デジタル時代でのITサービスマネジメントにおける人材育成」にフォーカスし、あわせて、この春、日本語化されたITIL®プラクティショナの資格についてご紹介しました。

itSMF Japan 第62回セミナ

◇開催日:2017年6月29日(木)13:20〜16:45
◇会 場:ソラシティカンファレンスセンター (御茶ノ水)
◇参加者:103名

■プログラム
itSMF Japan 第62回セミナ
講演タイトル講演者 / 講演内容
ご挨拶 特定非営利活動法人 itSMF Japan理事長 富田 修二
最新資格「ITIL® プラクティショナ」のご紹介 日本クイント株式会社 最上 千佳子氏
ITIL®の最新資格「プラクティショナ」がリリースされました。

「プラクティショナってどういう資格?」
「プラクティショナと他の資格とはどのような関係になるの?」
「そもそもITIL®の資格体系って複雑でわかりにくいから全体を説明してほしい。」
「どういう人を対象としたものなのだろう?」
「結局どの資格をとればいいんだ?!」
「試験って難しいの?」
「研修は必須?どんな内容?」

など、よくある質問にお答えできるよう、わかりやすくご紹介いたします。
ITIL®プラクティショナの理解と活用 - 実務事例、英国視察、受験体験の紹介 SOMPOシステムズ株式会社 木下 雅治氏
SOMPOシステムズではITガバナンス強化の一環としてITIL®プロセス活用高度化・適用範囲拡大に取り組んでいます。2017年2月にISO20000を取得しました。
ITSMを推進している組織としてITIL®プラクティショナガイドをどのように捉え、活用しているか試行錯誤を含む事例を交えながら取り上げます。
併せて昨年英国訪問時にITIL®プラクティショナガイド著者を始めとする現地の方々との交流を通じて学んだことや感じたこと、ITIL®プラクティショナ資格受験の体験談をご紹介します。
休憩 (15分)
いまどきのサービスプラットフォームを支える技術 日本アイ・ビー・エム株式会社 山下 克司氏
かつて企業に効率化と成長をもたらしたITプロセスのトランザクション価値は期待された成長カーブが終焉を迎え、変化が求められています。企業にオープンイノベーションをもたらすサービスプラットフォームはユーザとのインタクラクションに基づいて文脈や意図を織り込んだサービスを提供します。これまでとはケタ違いにメッシュの細かいユーザ理解に基づいた価値を提供するデジタル技術が先行企業の成長を支えています。本講演ではサービスプラットフォームを構成する最新技術と背景となる人材育成について議論します。
会員専用ページログイン後、講演資料および実施報告書のダウンロードが可能です
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。