ホーム > イベント > itSMF Japan第69回セミナ(福岡)
bar

itSMF Japan第69回セミナ(福岡)


特定非営利活動法人itSMF Japanでは2018年9月7日(金)、福岡でセミナを開催いたしました。
九州地方では2回目久しぶりのセミナ開催となり、講演もITサービスマネジメントの基礎と現況、活用状況やユーザ事例講演など、初めて参加される方にはわかりやすく、経験豊富な方にも活用可能な内容となりました。



itSMF Japan 第69回セミナ

◇開催日:2018年9月7日(金) 13:20〜16:45
◇会 場:TKPガーデンシティ博多/高千穂
◇参加者:52名

■プログラム
itSMF Japan 第69回セミナ(福岡)
講演タイトル講演者 / 講演内容
ご挨拶 特定非営利活動法人 itSMF Japan理事 吉田 弘倫
【スポンサ講演】
デジタルトランスフォーメーションを生き抜くために必要なこと 〜新ITIL®が目指す世界〜
日本クイント株式会社 最上 千佳子氏
これまで以上の速度で変化していくデジタルトランスフォーメーション時代において、品質の高い安定運用だけを追及していては置いて行かれる時代となりました。
ITIL®も進化し続けています。来年1〜3月には最新の「ITIL® 4」がリリースされるとアナウンスされました。
その内容は、従来のITSMの維持・強化とともに、リーンやアジャイル、DevOpsなど、昨今注目されている内容も含まれています。
今回はITIL®の変わらぬ基本コンセプトに加え、今後必要とされる各種の考え方と関係について概要をご紹介します。
itSMF Japan講演】
高品質なITサービスを支えるITIL®の実践的な適用事例
itSMF Japan理事 SOMPOシステムズ株式会社 井場 隆史氏
昨今のビジネス環境の変化、テクノロジーの進化によって、ITがビジネスに果たす重要度がますます高まる中、ITサービス部門への期待も高まっています。
そうした背景の中で、私たちがガバナンスの強化やITサービスマネジメントプロセスの構築、および現場での定着をどのように図ったのか、を具体的な事例とともに紹介することで、みなさまのビジネスのヒントにしてくださればと思います。
休憩 (15分)
【ユーザ講演】
DevOps 実践に向けた課題とチャレンジ
東京海上日動システムズ株式会社 小林 賢也氏
DevOpsの実践に向けた3つの視点(組織の体制と文化、ツール、マネジメント)を示すと共に、各々について、東京海上日動システムズの取り組みとチャレンジについて紹介します。
また、昨年秋に発刊されたサービスマネジメントの新たな知識体系である「VeriSM™」から、DevOpsに関するプラクティスを紹介します。
会員専用ページログイン後、講演資料および実施報告書のダウンロードが可能です
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。