ホーム > イベント > itSMF Japan第78回セミナ
bar

itSMF Japan第78回セミナ


特定非営利活動法人itSMF Japanでは2019年9月12日(木)、第78回セミナを東京で開催いたしました。今回は、ユーザ企業における最新のIT戦略についてのご講演、また、サービスマネジメントを含めたIT活用に対するあらたな取り組みを2つの講演にて実施しました。

itSMF Japan 第78回セミナ


◇開催日:2019年9月12日(木) 13:20〜17:00
◇会 場:ソラシティカンファレンスセンター (御茶ノ水)
◇参加者:76名

■プログラム
itSMF Japan 第78回セミナ
講演タイトル講演者/講演内容
itSMF Japan のIT サービスマネジメントへの取り組み 特定非営利活動法人 itSMF Japan理事長 富田修二
セブン銀行の挑戦 〜オープンイノベーションとAI 活用〜 株式会社セブン銀行 松橋 正明氏
エンジニアが主体に事業を推進するチャレンジャーバンク、セブン銀行の取り組みを中心に、現在積極的に推進しているオープンイノベーションによる事業共創とAI 等最新技術を活用した業務改革事例を紹介します。
またこれらを推進するためのアプローチ方法、組織改革、エンジニア人材のビジネススキル覚醒の手法、課題発掘方法についても言及します。
通信事業者が実践するデジタルトランスフォーメーション 株式会社NTTPC コミュニケーションズ 三澤 響氏
当社で実践しているデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みをご紹介します。実例として、ソフトウェア化されたサービス(SD-WAN等)や、企業のビジネスプロセス変革を支援するプラットフォームサービスを紹介するのに加え、当社サービス運用業務のDXについてもご説明します。特に、各事例について、ITIL® 4で取り上げられている”機会/需要”と”価値”の観点を加えながら解説します。
休憩 (15分)
日立が考えるIT運用の未来像 〜IT運用へのAI適用最前線〜 株式会社日立製作所 阿部 由布子氏
技術の進歩によりIT の最適化が進み、さまざまな運用を効率的に行うことができるようになりました。しかし、IT システムの環境はますます複雑化し、運用に期待されるスキルも高度化を増してきているのが現状です。AI 等の技術を駆使することで、一部の人が持つ高度なノウハウを広く活用し、システムの信頼性を高めることもできるようになります。本セッションでは、AI を用いて企業の運用をデジタルトランスフォーメーションする事例をご紹介します。
会員専用ページログイン後、講演資料および実施報告書のダウンロードが可能です
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。