ホーム > イベント > itSMF Japan第13回分科会セミナ
bar

itSMF Japan第13回分科会セミナ

当セミナでは、アセスメント活用分科会のこれまでの活動をもとにサービスマネジメントのアセスメントの具体的なイメージがわくように、いくつかのモデルケースをもとにしたアセスメントについて紹介致します。
また、今回のセミナではグループディスカッションの時間を用意しました。分科会メンバも一緒に普段アセスメントについて感じていることなどそれぞれの興味に基づき、4グループに分かれてのディスカッションを実施致します。


■開催概要
 開催日2020年2月4日(火)
 時 間13:30〜16:30 開場:13:00
 会 場港区立港勤労福祉会館 第一洋室  こちら
JR田町駅下車、三田口徒歩5分
第一京浜国道沿い(芝5丁目交差点かど)
都営地下鉄三田駅下車 A7出口でてすぐ左隣
都バス田町駅前下車(始発・終点)徒歩3分
 定 員100名(申し込み先着順)
 参加費itSMF Japan会員:無料


■プログラム
itSMF Japan 第13回分科会セミナ
時間講演タイトル講演者/講演内容
13:30〜
13:35
オープニング座長 品田 京子 氏
13:35〜
13:45
アセスメントシートの説明 株式会社菱友システムズ
岩田 和匡 氏
アセスメント活用分科会では、新アセスメント分科会が作成したアセスメントシートをもとにアセスメントの活用について検討してきました。このアセスメントシートについて簡単にご説明します。
13:45〜
14:10
テンプレートを使ったアセスメントの進め方とモデルケースの概要 JBサービス株式会社
生川 友子 氏
アセスメント活用分科会ではアセスメントを効率的に進められるようにアセスメントテンプレートを作成しました。アセスメントテンプレートを使ったアセスメントの方法についてご紹介します。また、実際にアセスメントを適用する対象として想定した4つのモデルケースの概要についてもご説明します。
14:10〜
14:30
情報システム子会社が運用をしているケース 富士通株式会社
武藤 丈也 氏
情報システム子会社が運用を実施しているケースを想定したアセスメントの例についてご紹介します。
14:30〜
14:40
休憩(10分)
14:40〜
15:00
ビジネス部門毎にシステムが導入されているケース 富士通株式会社
鈴木 隆之 氏
ビジネス部門毎にシステムが導入されているケースを想定したアセスメントの例についてご紹介します。
15:00〜
15:20
品質に差があるグループのケース NECフィールディング株式会社
川尻 一翔 氏
品質に差があるグループのケースを想定したアセスメントの例についてご紹介します。
15:20〜
15:30
アセスメント対象の選定について(サービスプロバイダのケース) 株式会社インテック
原田 かおり 氏
複数のお客様を担当するサービスプロバイダのケースをもとにアセスメント対象の選定についてご説明します。
15:30〜
15:35
グループディスカッション説明 株式会社 中電シーティーアイ
白河 孝英 氏
4グループに分かれたグループディスカッションを実施するにあたり、ディスカッション方法などを説明します。
15:35〜
15:45
休憩&席の移動
15:45〜
16:45
グループディスカッション
(4グループ)
全員
16:45〜
17:00
クロージング 座長 品田 京子 氏
17:00〜
19:00
ネットワーキング (事前申込者のみ、先着20名)
分科会メンバ、事前申込者等でのネットワーキングを開催します。
(参加費用は飲食代として3,000円になります。)
※講演者、講演内容等変更になることがございます。予めご了承ください。


itSMF Japanホームページ(会員向け)PDF資料公開 
itSMF JapanではITIL®の普及促進を目的として、itSMF Japan会員向けにITサービス・マネジメントのベストプラクティス研究の場や情報の提供を行っております。

itSMF Japan会員の皆様お申込み方法
会員の皆様は、右上の会員専用ページのタグからログインしてお申込みください。

■一般の皆様お申込み方法
今回のセミナは会員様限定です。
一般の皆様は、入会のご案内からご入会後にお申し込みください。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。


■プライバシーポリシー