ホーム > イベント > itSMF Japan 第2回分科会セミナ
 

itSMF Japan 第2回分科会セミナ


9月20日(木)高輪区民センターホールにて、第2回分科会セミナ - IT戦略とポートフォリオ分科会研究発表-を行いました。
経営とITを橋渡しするキーワードは、これまで多くのIT戦略をテーマとする分野で語られてきました。しかしながら、その多くは、BPRや新しいサービスを開発する際のモデルが多く、論点が、SIer視点でのコンサルティングのプロセスであったり、サービス開発のプロジェクトマネジメント手法に留まるモノであったと考えます。
当分科会では、IT戦略とポートフォリオの解釈を深め、スポットで実施するIT戦略活動ではなく、IT運営全体を見渡して継続的に実施する戦略モデルを研究しています。特に、企業が保有するITサービス資源を可視化し、経営とITを橋渡しするためのITポートフォリオの試行モデルを開発しています。
今回の発表では、開発したITポートフォリオのサンプルを紹介しながら、サービスマネジメントの可能性について講演しました。
itSMF Japan 第2回分科会セミナ
◇日 時:2012年9月20日(木) 開演18:15〜20:30
◇場 所:高輪区民センターホール
◇参加者:89名
itSMF Japan 第2回分科会セミナ
時間講演タイトル講演者講演内容
18:15〜
18:25
挨拶
 
18:25〜
19:00
『IT戦略のススメ1.1〜改めて「IT戦略」を考える〜』 株式会社 電力計算センター
佐藤 恵司氏
ITIL®におけるIT戦略とポートフォリオの解釈を行います。
また、現在におけるIT戦略の位置づけや、  経営に対して戦略を立てるための前提について解説致します。
19:00〜
19:40
『スポーツ事例から観た戦略とポートフォリオ』 クロス・ヘッド 株式会社
小関 陽介氏
「ITIL®、IT戦略、ITポートフォリオ...」などの抽象的で小難しいキーワードだけでは、理解が進みません。
そこで、分かり易くスポーツに置き換えて、戦略とポートフォリオの位置づけについてご説明します。
19:40〜
20:20
『実践に向けた試行モデル「ITポートフォリオで何が出来る?」』 株式会社 富士通マーケティング
清水 直樹氏
実践的な活動に移すために、ITポートフォリオの試行モデルを開発しました。
そのサンプルの説明をベースに、経営とITを橋渡しするための活動について解説します。
20:20〜
20:30
質疑応答
終了ご挨拶
 
会員専用ページログイン後、実施報告書をダウンロード可能
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。