ホーム > イベント > 第2回itSMF Japan / PMI日本支部共催シンポジウム
 

第2回itSMF Japan / PMI日本支部
共催シンポジウム


 関連団体と連携したイベントの4 回目として、一般社団法人PMI 日本支部様と共催のシンポジウムを開催しました。PMI 日本支部様とは2010 年に引き続き2 回目の共催となりました。今回のシンポジウムも東京を少し離れて、横浜・日吉の慶応義塾大学の藤原洋記念ホールにて、パネルディスカッションも含めて5 時間20 分という長時間で行われました。
 参加者としてPMI 日本支部会員、itSMF Japan 会員含め、316 人の方にお集まりいただき、年次コンファレンス以外ではこれまでの最大のイベントとなりました。

 ◇日 時:2012年2月10日 13:00〜18:20
 ◇場 所:慶應義塾大学日吉校舎藤原洋記念ホール
 ◇参加者:316名

第2回itSMF Japan / PMI日本支部共催シンポジウム
時間講演タイトル講演者講演内容
13:00〜
13:15
<開会挨拶>
itSMF Japan 理事長  富田 修二氏
13:15〜
14:15
<基調講演>
『サービス・マネジメントを構成するもの』
PMI日本支部会長
神庭 弘年氏
IT部門の役割は「サービス」にあるのであり、システム運用や情報技術はサービスの手段でしかない。では、「サービス」とは何か、経営の期待とは何か、などをどう考えればよいかについて紹介する。
休憩 (15分)
14:30〜
15:30
itSMF Japan講演>
『ITIL®は運用部門だけのものではない』
東京海上日動システムズ株式会社
ITサービス本部長
小林 賢也氏
ITIL®が目指す目標は、ITサービスが顧客企業のビジネスの価値を上げること。その目標を達成するためには、ITIL®を運用部門だけで取り組んでいては駄目。運用部門と開発部門が、いかに同じ目標を目指して連携するかがポイントであり、それにチャレンジしている同社の事例を紹介する。
15:30〜
16:30
<PMI講演>
『サービス開発だってプロジェクトだ!』
PMアソシエイツ株式会社
代表取締役
鈴木 安而氏
プロジェクトは価値を創出し、運用はその価値を維持しあるいは高めビジネス目標を達成する」というコンセプトを元に、PMBOK®ガイドとITIL®との関係を明確にし、両者が連携を図っていくさまを紹介する。
休憩 (15分)
16:45〜
18:15
『パネルディスカッション』 モデレータ
  itSMF Japan 西野副理事長
パネラー
  itSMF Japan 小林副理事長、南理事
  PMI日本支部 神庭会長、PMアソシエイツ 鈴木代表取締役
18:15〜
18:20
<閉会挨拶>

会員専用ページログイン後、講演資料ならび実施報告書をダウンロード可能
※入会を希望される方は「入会のご案内」ページをご参照ください。