ホーム > 分科会 > ITガバナンス研究分科会
 

ITガバナンス研究分科会

  
 分科会資料会員専用ページにログイン後、ダウンロード可能
・第四回itSMF Japanコンファレンス資料:
 ITガバナンス研究分科会活動報告/
 IT統制におけるITIL®/ISO20000の有効性について
(07/8/7)
 ITガバナンス研究分科会活動報告 添付資料:

 ITガバナンス研究分科会_2007補足資料(07/8/7)

・第三回itSMF Japanコンファレンス資料:
 ITガバナンス研究分科会活動報告/
 来るべき日本版SOX法に向けて、内部統制にITIL®が貢献する範囲と有効性の考察(06/6/28)
 これからのITシステム運用では何を指針に将来像を描けばよいのか
 〜ITサービスマネジメント関連規格の総覧〜
(06/6/28)
 ITガバナンス研究分科会活動報告 添付資料:

 COBIT for SOX変更管理とITIL®およびJIS Q27002とのマッピング(06/6/28)
 変更管理ISO20000とITIL®とのマッピング(06/6/28)

ITガバナンス研究分科会紹介資料(06/4/3)
 分科会活動方針
 ITガバナンス研究分科会は、従来からの事例研究分科会の個別テーマ活動としてのITガバナンス研究グループが母体となって、2006年1月に新規分科会として設立されました。現在、事例研究分科会からの移行メンバ9名に、公募による新規メンバ7名を加え、総勢16名で活動しています。ITガバナンス研究分科会では、主に次の3つを活動の方向性として掲げています。
・ITガバナンスの一環としてのITIL®の位置付けを明確化する
・SOX法などへの具体的な対応策としてのITIL®の利用法について研究する
・COBIT、ISMS等との関連性を分析し、より統合的、網羅的な視点からITIL®を研究する
 活動メンバ(2008年1月21日現在) 計15名
鈴木 広司
松本 浩彰
大畑 毅
塩田 貞夫
平 真寿美
中村 究
野村 紀美
望月 祐之
鈴木 貴巳
齊藤 豪
小林 理枝
豊田 栄次
吉岡 努
草苅 徹
土屋 慶三
 <座長>
<副座長>
<副座長>
 エクセディア・コンサルティング株式会社
BMCソフトウェア株式会社
NEC
日本ヒューレット・パッカード株式会社
富士通エフ・アイ・ピー株式会社
新日鉄ソリューションズ株式会社
株式会社シーエーシー
東芝ソリューション株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日立電子サービス株式会社
中央システム株式会社
株式会社スパイラルグロース
株式会社ジェイエムシー(JMC)
プロバインズ株式会社
BSIマネジメントシステムジャパン株式会社
※敬称略、順不同
 分科会活動期間
・活動開始:2006/1
・活動終了:2007/12