ホーム > 分科会 > 教育・研修分科会
 

教育・研修分科会

教育・研修分科会 教育・研修分科会は2008年12月に発足し、月1回ペースで会合を開いてきました。これまで24回研究会を開催しました。人材育成・教育という視点で、ITIL®という資格を達観的に分析し、現時点でのITサービスマネジメントに係わる人材育成のヒントを提言しました。
1年目はITサービスマネジメントにおけるキャリアマップ(他の職種との比較を含め)を調査し、2年目はITサービスマネジメントの上位資格者の持つ課題(ITIL®の定着化)についてフォーカスし、研究を進めてきました。
ITサービスを自社で運用している場合でも、社員のみならず、サプライヤから派遣されている方、人材派遣会社からの社員、パートタイムで働いている方などさまざまな人達によって支えられています。ITサービスの考え方も意識もかなり温度差があると思います。しかし、提供するITサービスは1つです。ITサービスの提供に係わるすべての人の意識を同じ方向に向かせるために、ITIL®は非常によいきっかけとなります。特にサービス提供に係わるバリューネットワークを見つめ直すのにITIL® V3は参考になると思います。
ITサービスへのオンデマンド要求、性能要求が高まる中、安定運用するためにどうしたらよいか、課題となってきます。また、仮想化技術が進展し、クラウドコンピューティングにおける運用のあり方も変わり、ITサービスに係わる人材育成も大きく変ってくるかもしれません。何かの機会で、ITサービスに係わるみなさまのお役に立てればとメンバー全員が思っております。2年間の活動をご支援いただきましてありがとうございました。
 分科会資料会員専用ページにログイン後、ダウンロード可能
・第七回itSMF Japanコンファレンス資料:
『ITIL®を組織に定着させるための取組み』
(10/7/22)

・第六回itSMF Japanコンファレンス資料:
 『ITサービスのライフサイクルから捉えた資格群の考察』
(09/7/31)

・活動成果物:
 アンケート集計からの考察(20091016).ppt
 アンケート集計(キャリアと保有資格&今後の資格)(20091016).xls
 資格取得にかかる費用調査(20090722).xls
 人材像と新スキルマップ(20090417).xls
 資格調査まとめ(20090114).xls
 活動期間
 活動開始: 2008/12
活動終了: 2011/4
 活動メンバ (2011年4月現在) 計10名
小島 章教
新矢 理恵
富田 勲
上田 順子
川口 修
清水 千博
狩野 康晴
小山 條二
村山 潤子
木村 祐
 <座長>
<副座長>
 NTTラーニングシステムズ株式会社
日本クイント株式会社
株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
株式会社ビーエスピーソリューションズ
日立電子サービス株式会社
有限会社KBマネジメント
NTTラーニングシステムズ株式会社
富士通株式会社
株式会社東芝OAコンサルタント
アーネスト・テック株式会社
※敬称略、順不同