ホーム > 分科会 > 新アセスメント分科会
 

新アセスメント分科会


 設立趣旨
 ITIL® v2当時にOGCにて作成したITIL®アセスメントシートを活用するための日本語訳資料がアセスメント分科会にて作成されているが、現在はITIL®も改訂が行われ、ITサービスマネジメントを取り巻く技術も大きく変化した。
 日本企業の直面している環境も加味し、新たなアセスメントの枠組み、及び仕組みを検討すべきと考え、日本でのITサービスマネジメントの成熟度を評価するためのアセスメントシートを検討し、作成する。


 研究テーマ概要
 ・アセスメントの目的、アウトプットイメージの合意と調整
・アセスメントの枠組みの検討と確定
・簡易アセスメントのためのアセスメント項目策定
・簡易アセスメントをブレークダウンした詳細アセスメントのための項目策定
・アウトプット、及びガイダンスの作成


 活動メンバ (2017年3月24日現在) 計15名
品田 京子
小澤 一友
舟野 真樹
青木 保壽
石原 久士
市川 文彦
生川 友子
奥田 宇一郎
勝野 直樹
小林 晋大
坂田 晃一
白河 孝英
須貝 貴美
玉田 芳彦
三好 教史
 <座長>
<副座長>
<副座長>
 個人会員
株式会社シグマクシス
SCSK株式会社
富士通株式会社
個人会員
個人会員
JBサービス株式会社
カチシステムプロダクツ株式会社
NECソリューションイノベータ株式会社
株式会社富士通マーケティング
TIS株式会社
個人会員
都築電気株式会社
個人会員
富士通エフサスシステムズ株式会社
※敬称略


退会申請 [新アセスメント分科会活動メンバ向け]
  退会申請はこちらより行ってください。